車両の要件

原則として福祉車両です。

車いす若しくはストレッチャーのためのリフト、スロープ、寝台当の特殊設備を設けた自動車などが該当します。

 

セダン型等の一般車両を使用する場合は、

①ケア輸送サービス従事者研修を修了していること

②介護福祉士資格を有している

③訪問介護員の資格を有していること

④居宅介護従業者の資格を有していること

のいずれかを満たした者が乗務する必要があります。

 

前面道路の幅

全面道路の幅が車両制限令に反していると、許可されません。

使用する車両にもよりますが、概ね6m以上があれば、まず大丈夫です。

もし道路の幅が足りなければ、法の例外規定もありますので専門家にご相談ください。

 

前面道路の幅が私道の場合は、私道に接する公道の幅で判断します。

ただし、私道の所有者の承認は必要です。