介護タクシーの正式名称

介護タクシーとは、法律上は一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)のことです。

一般の方には『介護タクシー』という呼び名が、広く定着しています。

高齢化社会、障害者人口の増加により、よく町中を走っている姿を見かけるようになりました。

別ページでも記載しますが、これからますます必要になり、地域のインフラになる事業です。

 

介護タクシーは誰でも始められる

介護タクシーは、車両1台、人員1名(運行管理者が別に必要)から始められます

独立起業を考えている方にとっては、非常に有望な業務です。

2019年現在、参入した方の多くが、早期に収益を上げられる業務です。

よく起業は時流に適応しなければ上手くいかないと言われますが、介護タクシーは正に時流に乗っています

ただし、人を運転する仕事で、しかも身体的に配慮の必要な高齢者や障碍者を対象にしています。

そのため、運転が苦手、接客が苦手な方には、向かないでしょう