開業者の詳細データはありませんが、車両台数は毎年増加しています。

それだけ有望な事業で需要も急増しているのは、間違いありません。

 

ただ、当方が運輸局とのやりとりをしている感覚では、参入者と同程度の廃業者もいると思います。

事業者全体としては、横ばいか微増なのかもしれません。

 

黒字で廃業する事業者も多くなっています。

経営者の高齢化や疾病などが事情ですので、必ずしも業績不振で廃業するわけではありません。

 

参入された方が、早期の黒字化しているのは事実だと考えています。

 

タクシー開業