整備管理者は、自動車の整備・点検・管理をするために選任される者です。

介護タクシー開業の際には、必ず選任しなければなりません

車両5台以上になると、資格者や一定の要件を満たしたものである必要があります。

 

ただ、こちらも開業当初から車両5台以上持つことは稀ですので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

 

ちなみに、整備管理者はドライバーが兼ねることができます。

運行管理者は兼務できませんでしたので、介護タクシー事業は2人いれば開業できることになります。

 

整備管理者は、車両の運行前、運行後に点検を行い、記録に残します。

 

いざ何か事故などがあった際に、記録を残して置いたほうが、事故原因を探れますし、自身の身を守ることにもなります。

点検整備